室内平衡含水率* 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

夢ハウス

【SD工法】頑強構造で家族を守る。

室内平衡含水率*

 自由水が抜けきり、含水率が20~30%よりも下がるあたりから、木材の収縮や狂いが始まります。
そのまましばらく放置すると、木材の収縮や狂いが極端に少なくなり、大気の湿度と均衡した状態になります。その水分状態を『平衡(へいこう)含水率』と呼んでいます。
しかし、湿度の高い屋外と湿度が低い室内ではそれぞれ平衡含水率が異なります。

 乾燥されていない含水率100%の木を、外気にさらされる場所に放置したとします。すると、木は徐々に乾燥していきますから含水率も自ずと落ちてきます。
30%を下回るところから変形が始まり『屋外平衡含水率』の15%~20%で、それ以上木は乾かなくなります。
含水率が落ち着けば、変形も起こらなくなりますから、外気に触れるような場所は木の含水率をあらかじめ15%以下にしておけば、施工後に木が暴れる心配もなくなります。

 では、室内はどうでしょう?
同じように含水率が100%の木材を、暖房のきいた室内に放置しておきます。
屋外同様に含水率は落ちていき、30%を下るころから変形も始まりますが、屋外との違いは『室内平衡含水率』。
屋外平衡含水率が15~20%だったのに対して、室内平衡含水率は5~10%と更に低くなります。
これは、冷暖房器具や住宅の断熱性能が発達した為、室内の湿度が低下したことが直接の要因です。
ですから、室内平衡含水率に合わせ、木材も含水率5~10%で落ち着きます。
当然、木に求められる含水率は、あらかじめ5%以下のものが要求されます。

 一般の工務店や住宅メーカーで使われている人工乾燥材(KD材)は、前者の「屋外平衡含水率」に当たります。
「SD15(含水率15%以下)」「SD20(含水率20%以下)」と表記されているものが出回り、当たり前のように使われています。
では、屋外平衡含水率の木材で施工すると、どんな障害が出るのでしょう?
屋外で平衡するわけですから、それより過酷な室内環境では、まだ含水率は下がります。
含水率が落ちれば当然、木の変形や縮みもおこります。
これが人工乾燥(KD材)であり、工務店や住宅メーカーが使っている材料です。


お問い合わせ

TELTEL053-448-1168
FAXFAX053-448-1146
株式会社 清建築工務店
担当:鈴木満博
営業時間:8:00~18:00
定休日:日曜日
住所:
静岡県浜松市西区入野町925-1
詳細はこちら